毛穴ケアをしっかり行い、キレイな肌に

毛穴が目立たない美しい肌を、羨ましいと感じたことはありませんか?
この夏にむけて毛穴を目立たなくするための対策を紹介します。
皮膚の表面には肌を守るために皮脂と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか?
肌を守るために存在する皮脂ですが、長い間メイクをしたままにしていたり、外気の埃や汗、太陽から出る紫外線により酸化してベタベタした汚れ成分へと変化します。
この皮脂が変化した汚れが毛穴に詰まることで、毛穴を目立たせてしまうのです。
毛穴に詰まった汚れは、通常、水だけの洗顔で落とそうとしてもなかなか落ちません。
そこで、洗顔料を使った洗顔やクレンジングクリームを使ったクレンジングを行うことが大切になります。
外出から帰宅したら、肌の為にも極力早めに、洗顔やクレンジングを行い、毛穴の汚れをキレイにして肌を休ませてあげましょう。
洗顔料はスクラブ入りのものを選ぶと角栓を落とし、毛穴を目立たせなくするのに効果があるといわれています。
しっかりケアを行い美しい肌を目指したいですね。

忙しい朝でも手軽!レモン湯で美力アップ

朝起きてすぐ「レモン湯」を飲む事は、胃腸の働きをよくし、排泄効果が向上するといわれています。
便秘がちな人やダイエット効果を期待する女性にとってオススメな飲み物であるといえますよね。
実際、某海外のスーパーモデルの方も愛飲している飲み物であるいわれていて美しいボディを維持するのにいいようです。
そういえば、国内の芸能人もハチミツなどでレモン湯をアレンジした飲み物を飲んでいましたね。
しかし、どうして朝に飲む方がよいのでしょう?
朝は、一般的に排泄のための時間帯であるといわれています。
その時間に合わせて飲むことで、他の時間帯に飲むより、ぐーんとデトックス効果がアップするのもうなずける話ですよね。
また、冷たいレモンウォーターではなく、レモン湯がよいとされるのは、温かい飲み物を飲むことで、身体の代謝能力をアップすることができるから。
朝の忙しい時間にも手軽に飲むことができるレモン湯で、美しさに磨きをかけてみてはいかがでしょう。

睡眠不足撃退!入眠しやすくなる3つのポイント

睡眠不足は美容の大敵。
でも気になることがあったり覚めてしまって眠れなくなったりすることがよくありますよね。美容と健康に良い睡眠をできるだけたっぷり取るために、心地よく眠りにつくためのポイントをご紹介します。
1、食後にバナナを食べる
バナナに含まれるトリプトファンと言う成分が体内でセロトニンと言う物質に変質します。そして睡眠ホルモンのメラトニンに生成されるのです。
牛乳にも含まれるので食後にバナナか牛乳もしくはバナナ牛乳を飲むと快適に入眠することができるでしょう。
2、お風呂の温度は40度
体温は表面の温度と内部温度の2種類があり、内部温度は深部体温と言われ日中は高く夜は低くなると言う性質があります。
深部体温が下がり始めると眠気がやってくる仕組みとなっているのです。それを人工的に作り出すために少し熱めのお風呂に入ると血液循環が良くなるため自然に深部体温が下がりやすくなるのです。
3、ベットにアロマの香りをつける
眠りやすくするアロマはいくつかあり、ペパーミントがオススメですが枕にオイルを垂らしたり、部屋をアロマの香りで満たしたりすると入眠に大変効果があります。
いかがでしたか?睡眠不足はすぐに体調やお肌に変化をもたらしてしまいます。良質の睡眠をたっぷりとって健康と美容を気遣った生活をしたいですね。

暑い夏だからこそ、足の火照りを気にせずしっかり眠りたい!

熱帯夜が続く夏、タオルケット1枚で眠る人も多いと思います。
足を出しているにもかかわらず足の裏のほてりが気になって、なかなか寝付くことができない・・・。
そんな夜を経験した方も、少なくないと思います。
そんな眠れない夜に悩む人の為に、足のほてりを抑える方法について、ご紹介したいと思います。
人により対処法も変わってくるので、次にあげた中から自分に合った方法を、行ってみるといいかもしれませんね。
①足の下にタオルや座布団を置いて、心臓より足を高くあげることで血流をよくする。
②体をほぐすストレッチや足の裏に刺激を与えるマッサージで、血行をよくしてから眠りにつく。
③38度ぐらいと比較的低温のお湯入浴して、自律神経の働きを整えておく。
④アルコールや煙草などといった、体に負担がかかる刺激物は極力避けるようにする。
熱中症や夏バテなどで、疲れやすい夏だからこそ、しっかりした睡眠がとれるように心がけたいですね。

主食に玄米を使うことで美容に役立つ利点について

最近は、主食を抜くダイエットなどが、よく流行っていますが、偏った食事はなにかと体のバランスを崩してしまいやすいものです。
そこで、安易にご飯を抜いた食事をとるのではなく、白米の代わりに「玄米」で主食を摂るようにしてみてはいかがでしょうか?
今回はそんな玄米を食することの利点について紹介してみたいと思います。
白米に比べて、なんと7倍もの量が玄米に含まれている食物繊維には、体内の老廃物を排出し、便秘などの改善に役立つ効果を期待することができます。
また、白米の5倍ものビタミンB1が玄米に含まれていて、脂肪の燃焼にも効果を表します。
他には、血行を促し、シミの予防にもつながるビタミンEも、玄米に含まれていて効果を期待することができます。
更に、玄米に含まれているカリウムもむくみを改善し、シワ予防になるなど、よい点を沢山みつけることができます。
美容やダイエットにと役立つ玄米を、日々の食事に積極的に取り入れていきたいですね。

空き時間に試してスッキリ!タオルを使った肩こり改善策

長時間、パソコンで作業を続けている人の大多数が、気にしている問題のひとつに肩こりがあげられます。
デスクトップタイプのパソコンで作業している人よりノートパソコンを使い作業している人の方が圧倒的に肩こりに悩む人が多いそうです。
肩こりは、姿勢の悪さが影響するとよく言われますが、実際、デスクトップタイプのパソコンよりノートパソコンの方が、姿勢が猫背になりやすい点からも納得ですよね。
肩こりをそのまま放置しておくことは、頭痛などの原因にもなる他、ストレスを感じ肌荒れの原因にもなるなど、美容の面からもよくありません。
そこでタオルを使って手軽にできる肩こり改善策を紹介したいと思います。
顔拭きタオルを一枚首にかけてそれぞれ両端を持ったまま、両手をあげタオルをたるませないようひっぱりながら、右へ左へと両手を動かします。
少し動かすだけで、かなり肩こりが楽になりますよ。
仕事の合間などを利用して、簡単にできるので、試してみてはいかがでしょうか?

顔立ちに合わせたショートヘアでイメージチェンジ

これから暑い夏にむかうにつれ、爽やかで軽いショートヘアにもチャレンジしたい気持ちがむくむくとわいてきますよね。
ちまたではショートヘアが似合う5.5㎝ルールというものがあり、
小顔じゃなければはショートヘアに向いていないと、まことしやかに囁かれています。
ほんとにそうなのでしょうか?
面長系の顔立ちの人でも、サイドをふんわりさせたショートヘアにすると顔の長さが気になりません。
また、ベース型の顔立ちの人は、トップを高く見せることと後ろ髪にボリュームを持たせるショートヘアにすることで、エラのハリをカバーすることができます。
前髪ぱっつんは横長に見えるのでベース型や丸顔の人は避けたほうがいいかもしれません。
自分の顔立ちに合わせたスタイルにすることで、この夏、ためらっていたショートヘアにもチャレンジされてみてはいかがでしょうか?
どうしても気になる方は、スマホの写真加工を行えるアプリを使ってショートヘアを試してみてもいいですよね。

簡単で効果絶大!ドローイングダイエットとは

ダイエットをしたいけど、なかなか効果が出なくて途中で挫折してしまうことってよくありますよね。今回は簡単で効果が確実に出るドローイングダイエット法をご紹介します。
ドローイングダイエットとは。
ドローインとは一息を吸うまたは引っ込めると言う意味です。
ドローインダイエットは端的に言うとお腹をへこませる運動のことをいいます。
口コミでは効果がすぐ実感できたと言うものも多いんです!
ドローインダイエットの方法
1.姿勢を正し、ゆっくり息を吐きながらおへその約5センチ下の丹田を意識しへこませる。
2.へこませたまま胸を膨らませるようなイメージで鼻から息を吸い込む。
3.お尻きゅっとしめるイメージで力を入れる。
4. 30秒お腹をへこませ、繰り返し呼吸をする。
これを繰り返す簡単なダイエットです
ドローインダイエットの効果とは
まずインナーマッスルが鍛えられるのでウェストが細くなり、それにより体幹がしっかりし姿勢が良くなります。
お腹の筋肉で腰を支えるため腰痛が減ったと言う方も多いんですよ。
そして何より基礎代謝があるので効果がすぐに実感できる方も多いんです!
いかがでしたでしょうか?効果が出やすく簡単なドローイングダイエットぜひ試してみてくださいね。

レジャーでも油断しないで!旅先での肌ケアとは

夏と言えば、レジャーの季節ですよね。
旅行に行くのが楽しい季節です。しかし、楽しい旅が終わり帰ってきたら肌がボロボロなんて言う経験がある方も多いのではないでしょうか。
旅先では肌に対して厳しい環境が多いのも事実です。
今回は旅先でもできるお肌のケアをご紹介しましょう。
・温泉に入浴した後はできるだけ早く保湿を
温泉はアルカリ性か酸性に非常に偏った性質にあります。
つるつるにはなるのですが、自宅での入浴より皮脂が取れやすい状態になりますので、温泉から出たらすぐに保湿が必要です。
皮脂が取れすぎて乾燥の原因となってしまいますので注意しましょう。
・肌用化粧品は旅先用にチェンジ!
旅先では、どうしても外でいる時間が長くなります。
紫外線による肌へのダメージもいつもより間違いなく多くなりますので、ビタミンC濃度の高いものを旅行用の化粧ポーチに入れておきましょう。
旅行先の施設では乾燥しているところもかなり多いので美容液+しっかり保湿できるクリームなどを持っていっておきましょう。
・飛行機とホテルはかなり乾燥していると考えて
飛行機で旅行先に行く方も多いかと思います。
しかし機内は結構乾燥していますよ。
100mlのスプレーボトルなら持ち込みますのでこまめに保湿して乾燥対策をしましょう。
ホテルの室内も乾燥しがちになりますので、バスタブにお水を張っておいたり、加湿器を借りたり、濡れタオルを干しておく等の乾燥対策をして睡眠しないと、朝肌がガサガサなんて言うことになりかねませんよ。
いかがでしたか旅先でもポイントを押さえて美肌をキープしちゃいましょう。

太陽をたっぷり浴びても日焼けさせない方法

テーマパーク、ゴルフ、バーベキュー、海…
太陽にたっぷり浴びてしまうイベントがある時に、私が必ず行なっていること。
1,日焼け止めを塗る
こまめに塗ることが大切と言われてますが、塗るタイミングなかったりします。
朝出かける前はもちろん下地から、ランチ前後に、お手洗いの休憩に顔だけでもメイク上からトントンっと塗り直します。擦り込むよりも抑えるように塗る方が効果的らしいです。
スプレータイプはささっと吹きかけて、手で軽く抑え込むだけで済むので、レジャーイベントがある際は1本揃えておくのもありです!
2.羽織りものを用意する
外での待機時間が長いとき、ジリジリ日焼けしているを感じます。そんなときに、リネンシャツなどの軽い羽織りもので紫外線をガード。
3.とにかく保湿
帰宅したらすぐにメイクオフ。
美白効果のあるビタミン誘導体が含まれたパックを必ず行います。
さらに化粧水で補って、肌がしっとりしてきた頃に乳液でカバー。

上記を行っていますが、翌日鏡を見て日焼けしてしまったー!と感じたことはないでオススメします!